読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふゆのはいまメモ

シューティングゲームをやったり、作ったり。

ありがとう2016年

お久しぶり。長いブランクがありましたが、久々に更新です。

 

メディアのインタビューなどで話したりもしていますが、

今年の元旦から始まったバトルガレッガ攻略は全くの趣味から始まったもので、まさかここまでいろんな事になろうとは思ってもいませんでした。

 そもそも2016年には2つの野望がありまして、1つはオリジナル横シューの企画実現。実は昨年末辺りからコンセプト画やらシステム案やらをアレコレ積み上げてはいたのです。プロトタイプを適当な汎用エンジンで作って秋口にはプレゼン…みたいな皮算用をしていたんですが…。結果は皆さん御存知の通り。

 

で、もう一つがバトルガレッガの攻略。

20周年に関係するかどうか?と言うと、きっかけとしては完全にNO。『ガレッガをクリアしよう!』と考えた時点では2016年がガレッガ20周年である事を意識してませんでしたし。

なぜガレッガだったか?という理由は割愛しますが、ここ数年とにかく忙しくてマトモにゲームで遊べてなかった。ゲーム制作者の端くれなのに、忙しくてゲームで遊んでいないという状況に危機感とか焦りみたいなものをじわじわと蓄積していた訳です。

僕にとっては周囲のゲーマ-系の友人たちが『真面目に遊ぶ』姿がまぶしくて、自分も目標定めて遊べる何かが無いかなぁというところでバトルガレッガのことを思い出した次第。

 

最初は企画と攻略のダブルだったのに、バトルガレッガが面白すぎた(笑)気付くと企画する時間そっちのけで中毒のように遊んでおり、いつの間にか仕事になってしまっていたのは僕のキャリアの中でも一二を争う面白事件だったと思います。

とにかく自分にできることはありとあらゆる事をやりました。知人の力を借りるというのも自分の能力の範疇だとすると、借りられる手は片っ端から借りましたから、そういう意味でも限界近くまでアレコレやったように思います。

プロジェクトの中盤、残りのスケジュールの絶望的な短さにクラクラしたりしましたが、超優秀なスタッフはそれを乗り切ってくれました。…いや、ホント凄いよ。(僕は9月以降はCGアートワークに没頭していましたが…)

20周年の今年リリースという大前提をキープするために色々諦めたものもあります。優しいユーザーさんはアラを見ても黙ってくれてるんだろうなぁと済まない気持ちも多々あります。

でも、一番は『産まれてくれてありがとう!』みたいな心境で、それはずーっと変わりありません。

今回の開発を通して知り合った沢山の人との縁や、多くのお客さんの存在にとにかく感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ありがとうございました!

 

引き続きサービスの向上・継続と次回作以降のお楽しみをどうにか頑張れたらなという事で当日記のバトルガレッガに関するお話は一旦シメたいと思います。

ちなみに趣味としてのAC版はいまだに遊んでおります。年内もう一回クリアしたかったけど出来なかったなぁ…。だってゲーセンでガレッガ人気あるんだもん(笑)中々遊べなくなっちゃったからね。良いことです。

…という訳でとりとめないですが、ではまた。