読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふゆのはいまメモ

シューティングゲームをやったり、作ったり。

26日目 20160126 SS 最高4面中盤 4247020pts

3面でのランクコントロールが依然下手。でも今日はエクステンドを2度取っている。

3ボス突入時にボーンナムのパワーアップが最高になっている事があり、その場合ワイドになったショットが誤爆してスイッチになっている砲台を壊してしまうことあり。

4面突入時に敵弾が早くて多いと『ああ、失敗だったのね』という気分になる。3面でランクが相当上がっている感。

自機の速度

STG上級者は速い機体を選ぶイメージがある。ガレッガだとミヤモトやガインか。
敵の位置関係や攻撃に対して浮かぶ動作イメージの通りに動作できないことにストレスを感じるのかな?と思うんだけれど、彼らはその速度を飼いならしてイメージ通りに操作しているように見える。

一方で初心者の多くは速度が速い事は自爆に通じるというか、速度を持て余しがちだ。
人によっては速度の遅い4号機やボーンナムでも『速い』と感じるひともいるかもしれない。

個人的に、速度が遅めの自機って『手ぶれ補正』が入ったような感じなのかなと思う。

デジタルイラストを描くツールで手ぶれ補正機能が付いたものがある。
不安定なストロークを平均化して描線を整えてくれる機能なのだが、安定した描線を引ける代わりに若干のディレイがあり、ダイレクトな感覚からは遠ざかるような印象がある。

ガレッガのように最終的にはフレーム単位での仕事を大量にこなすようになってくるゲームの場合、やはりそれなりのスピードが必要だろう。

自分にはちょっと速いと感じても、いずれは…と思いながら今、ABC決定のボーンナムで遊んでいる。